賢いチラシ印刷の方法をご紹介

賢くチラシ印刷

チラシ印刷業者について

チラシ印刷を行うためには印刷業者に外注する必要がありますが、気にかけるポイントが複数あるのでなかなか決められないものです。
そこで、同一の品質をキープすることができるのなら価格が安いことに越したことはありません。
ただし、今日におけるチラシ印刷の印刷業者の実態というのは、あまり大きな差が無いというのが実情です。
それは、使用している機器や仕組みがほぼ同一なので必然的に同じ価格になるのです。
そこで、現代の印刷業者の選び方として適しているのはアフターケアと言えるでしょう。
チラシ印刷が完了し納品した時点で終了というわけではなく、以後様々な場面で気にかけてくれる業者こそ良いと言えるのです。
また、実際に契約するまでに何度も同じような内容でミーティングを繰り返す会社も避けるべきです。
会議のためにスケジュールを空けてしまうと他の業務が滞ってしまい支障が生じる恐れがあるのです。
そして、何らかの付加価値をつけてくれる業者なら尚更良いでしょう。

個人で出来るチラシ印刷とデザインの方法

チラシの作成にあたっては有名メーカーのソフトがあり、総合的なDTPソフトもよく知られています。
しかしツールを揃えるとなるとある程度費用がかかるものですが、個人で作成するチラシであればサイトを当たると無料のフリーソフトを手に入れることも出来ます。
チラシ印刷は商品やサービスの広告や宣伝目的の紙媒体の印刷物のことを言い、街頭で配布されたり新聞に折り込まれたり、ポスティングの方法で投函される場合が多いものです。
フリーソフトであっても有名ソフトと見た目も変わらずある程度の互換性を持つものもあります。
ソフトをインストールして立ち上げるとまず書式からページへと進み、用紙サイズと配置を設定します。
四角ツールを使って画像やテキストなどのゾーン分けを行い大まかなレイアウトを決めます。
写真の配置ではJPEGで明るさなど補正して大きさと場所を決定し保存をかけます。
テキストツールで予定位置にテキストを入力しフォントやサイズ、行間や色、文字揃えも行います。
チラシ印刷では作成したファイルをどのような環境でも印刷可能なようにPDFファイルに変換し、この変換機能もソフトに付いています。
データは自宅にあるプリンターで印刷可能です。
部数によっては割高になる場合もあり、この場合はPDFファイルを印刷してくれる業者がないか探し、見つかると印刷の依頼を行うことが出来ます。

注目サイト

中野慎介について知る
https://www.youtube.com/watch?v=p5Eqbful7SQ

2017/1/12 更新